So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

8月24日 [願い]

image.jpeg

最近亡くなられた、むのたけじさんの、以下素敵な言葉たちです。


今年5月3日の憲法集会での最後のスピーチ「日本国憲法があったおかげで戦後71年間、日本人は1人も戦死せず、相手も戦死させなかった」
どうしても言っておかなければならない体験を話します。太平洋戦争が1941年12月に始まり、私は従軍のために日本を発ち、翌年ジャワに上陸した。途中で立ち寄った台湾で、日本軍が作った「ジャワ軍政要綱」という一冊の本を見た。日本がジャワをどのように統治するかというタイムスケジュールが細かく書かれていた。ほぼその通りに事態は進んだ。その要綱の奥付に「昭和15年5月印刷」の文字があった。太平洋戦争開戦より約1年半も前だった。つまり、国民が知らないうちに戦争は準備されていたということです。

◆むのたけじさん死去 101歳のジャーナリスト
(2016年8月21日 朝日新聞)から抜粋
  朝日新聞記者時代に終戦を迎え、「負け戦を勝ち戦のように報じて国民を裏切ったけじめをつける」と終戦の日に退社した。ふるさとの秋田県に戻り、横手市で週刊新聞「たいまつ」を創刊。1978年に780号で休刊してからは、著作や講演活動を通じて平和への信念を貫き通した。

 100歳になった昨年は戦後70年で「歴史の引き継ぎのタイムリミット」といい、講演で各地を飛び回った。今年5月3日に東京都江東区の東京臨海広域防災公園で行われた「憲法集会」でのスピーチで「日本国憲法があったおかげで戦後71年間、日本人は1人も戦死せず、相手も戦死させなかった」と語ったのが、公の場での最後の訴えとなった。

 太平洋戦争が1941年12月に始まりましたね。それからまもなく、私は従軍のために日本を発ち、翌年3月1日にジャワに上陸した。途中で立ち寄った台湾で、日本軍が作った「ジャワ軍政要綱」という一冊の本を見ました。入手方法は秘密ですが、日本がジャワをどのように統治するかというタイムスケジュールが細かく書かれていた。私がいたそれから半年間、ほぼその通りに事態は進んだ。

 その要綱の奥付に「昭和15年5月印刷」の文字があった。ジャワ上陸より2年近く、太平洋戦争開戦より約1年半も前だったんです。つまり、国民が知らないうちに戦争は準備されていたということです。

 もしもこの事実を開戦前に知って報道したら、国民は大騒ぎをして戦争はしなかったかも知れない。そうなれば何百万人も死なせる悲劇を止めることができた。その代わりに新聞社は潰され、報道関係者は全員、国家に対する反逆者として銃殺されたでしょう。

 国民を守った報道が国家からは大罪人とされる矛盾です。そこをどう捉えればいいのか。それが根本の問題でしょう。高市早苗総務相の「公平な放送」がされない場合は、電波を止めるという発言を聞いてそう思ったのです。公平とは何か。要綱を書くことは偏った報道になるのか。それをだれが決めるのか。

 報道は、国家のためにあるわけではなく、生きている人間のためにあるんです。つまり、国民の知る権利に応え、真実はこうだぞと伝えるわけだ。公平か否かを判断するのは、それを読んだり見たりした国民です。ひどい報道があったら抗議をすればよい。総務大臣が決めることじゃないんだ。そんなのは言論弾圧なんだ。

 報道機関は、自分たちの後ろに国民がいることをもう一度認識することです。戦時中はそのことを忘れておったな。いい新聞を作り、いい放送をすれば国民は応援してくれる。それを忘れて萎縮していた。

 戦争中、憲兵隊などが直接報道機関に来て、目に見えるような圧迫を加えたわけではないんです。報道機関自らが検閲部門を作り、ちょっとした軍部の動きをみて自己規制したんだ。今のニュースキャスター交代騒動を見ていて、私はそんなことを思い出した。報道機関側がここで屈しては国民への裏切りになります。

 「国境なき記者団」による報道の自由度ランキングが、安倍政権になってから世界61位まで下がった。誠に恥ずかしいことで、憂うべきことです。報道機関の踏ん張りどころです。(聞き手・木瀬公二)

◆むのさん、反戦への思い貫く 憲法改正派にも耳傾ける
(2016年8月21日 朝日新聞)

 むのたけじさんは、終戦の日の8月15日を特別な日と考えていなかった。「何かの記念日を定めても社会は変わらない。365日の生活の中で考え続けないといけない」。その日行われる黙禱(もくとう)にも反対で、「黙っていても何も変わらない。声を張り上げよう」と訴えた。

 朝日新聞記者時代は中国やインドネシアなどに従軍。普通の人々が、相手を殺さないと殺される現場を取材し続けた。その戦争を「臣民」の名で「やらされた」人ばかりで、「やった」人がいないことが戦争責任をあいまいにし、今も近隣諸国と緊張関係が続く原因だと指摘した。

 終戦直前、3歳の長女が疫痢で死去。戦時下のため薬の入手が困難で、病状が悪化した日、出征する医師の壮行会で地域の医師全員が留守だったことなどが重なって助けられなかったことが、反戦活動を続ける原動力になった。

 徹底して憲法改正反対を訴える一方、「憲法を変えようとする人と、変えまいとする人がいるのが普通で、それが正常なんだ」とも言い、改正派の意見にも耳を傾けた。

 ジャーナリストであることの根底には、幼い頃に見た懸命に働いても貧しかった実家と、何もせずに豊かに暮らす旦那衆の姿があった。「不当に貧しい者がなぜ存在するのか。不当に富んでいる者がなぜ威張り続けるのか。これを変えない限り人間全体が大きく呼吸をすることは望めない」。常に弱者の立場に立った発言を続けた。

戦争責任より、戦後責任が私たちにはあります。しっかりと明日へ伝えます。むのさんの御冥福を祈ります。

8月23日 [祭]

image.jpeg
ブラジルのオリンピック大会が終わった。祭りのあとの、静けさと、一部熱狂した世界の人々の余韻が残っている。都市同士が争い、その束の間の休戦協定から五輪大会は生まれたという。自分も熱狂した一人だが、世界では熱狂の別世界にいる人達の数のが多いのではないか。空席も目立ったという競技の会場、スマホやテレビ、ラジオの観戦者は、結構多かったのではないか。中継のカメラの映像技術は素晴らしい。超現実的な夢の世界のようだった。その夢もマリオに扮し地球の裏側から現れた某国の首相の顔で興ざめした。都市の代表でなく、その国家が次は仕切る大会なのか。スポーツマンと政治家何か別世界の人の気がする。
メダルの数を競って、自分が取ったかのように発信するマスコミのしつこさ。見なければいいのに、これらを見続けた自分が悪いのだろうか。
祭りにも心洗われる祭りと、経済第一主義の祭りの二つの側面がある。
原点に帰り、祭りが果たすべき役割を、何に求めるのがいいか深く考えたい。
image.jpeg
岡本太郎は言った。駆けっこで一番になるよりも、ビリでも一生懸命走ったその力こそが本当の一番だと。
世界には、様々な暮らしがあり、その中で一番を目指す人がいる。
一つの競技で順位付けもいいが、そうなったら私は、100メートル競争で、7805967位くらいです。
次のオリンピック、世界中の人が同じ時間に100メートル競争のタイムを競う。画面に、貴方は世界第何位ですと表示される。そんな世界があるかもしれない。でも大丈夫です。多様性の世界では、貴方の順位が高いものが見つかるはずです。

image.jpeg
早食い選手権、居眠り最長選手権、駄洒落選手権、などなど多様。
スポーツの語源は、暇という言葉から、身体を使うスポーツと、頭を使うスクールという二つの流れに別れたそうです。
頭脳のオリンピックは、何なのでしようね。

8月22日 [音]

香りに音色があるのだろうか。
友人が本の朗読ソフトの聴き放題を試しているというが、本は読み放題が好き。
本は見るもの、聞くものでは無いと思う。
然し、音読や、黙読というのもアリか。
香りに色を感じ、音を感じることもありなのか。

image.jpeg










じんじゃあの白きかをりや秋近し むおん













image.jpeg



ひっそりと朱夏に茶漬けとしろき花 むおん







8月21日 [花]

image.jpeg
ブログの書き込みには、他の編集者や、管理人に干渉されることなく、検閲にかからず、掲載されているのか。
検閲という仕事で、悲惨で非情な記事を削除する仕事で精神状態が最悪となった話を聞いた事がある。
悲惨で非情な記事というジャッジの線引きも難しいだろうが。

image.jpeg
葛の花を、路上で拾った。
香りが頭上の葛の葉の茂みから降り注いでくる。足元には今しがた舞い降りた花。

心月という言葉を最近知った。こころづき、悟りを開いたこと。我が心の月。月と宇宙と同じ世界に我が身もある。

    ココロヅキ八月の月朝のソラ  無音


image.jpeg



     葛の葉蔭に老狐の眼ひとつ  無音





8月20日 [雨]

image.jpeg
雨滴のかたち夏のかたち
image.jpeg
水のかたち夏のいのち
image.jpeg
夏の扉儚い窓
image.jpeg
夏の雨今朝の雨

8月19日 [写真]

image.jpeg
暑さが続きます。今日はカキ氷と梅にシロップで、凉をとりました。
image.jpeg

8月18日 [人]

小熊英二著
生きて帰ってきた男
- ある日本兵の戦争と戦後
を読んでいます。
1968を書いた小熊英二氏の父上の記録です。著者は直接父親から何度も、話を聴き、調べもしたのでしょうか。


語りたくない戦中の話も多かったのではないでしょうか。語り尽くせぬ話や記憶もあったでしよう。満州で捕虜になりシベリアのチタという町で1945年に20歳の誕生日を迎えた、著者の父。

読んでいる私は1968年20歳の誕生日を迎えました。戦争とは、平和とは、高度成長の日本とは、何だったのか。
読み続けます。


image.jpeg
    秋の陽が外に佇む時代かな   むおん

image.jpeg



 朝顔の季語を忘れて花に聴く   むおん



image.jpeg



戦前戦後の暮らし朝顔ひとり  むおん




image.jpeg

8月17日 [かたち]

小熊英二著 1968 (上)を読み始めた。今から半世紀程前、隣の国では文化大革命、南ではベトナム戦争、日本は高度成長の最中にあった。ベトナムに平和をと、ベ平連の小田実にも憧れた。
日本にもベトナムに派遣される、日本からの徴兵の不安があったと本にはある。
三池闘争から、安保闘争、学園闘争、様々な運動があり、現在へと繋がる。
田舎から都会へ、貧しさから豊かさへ、農業から工業へ、石炭から石油へ、今日の原点が半世紀前の時代のうねりの中にあった。
image.jpegimage.jpeg

1960年当時の代表的レジャーは、寝ジャーとも言う、ゴロ寝だつたという。
サンダル履きのベトナムの兵士が、最新鋭の装備の米軍兵士と互角以上に闘い、日本ではベトナム特需という政府をあげての戦争支持があった。
しかし、このベトナム戦争指示に対し、日本はアメリカの被害者の立場にたつが、同時にベトナムに対しては加害者の立場に立っている。日本はアメリカの命令に逆らえないという意味での被害者。

近代の戦争では、兵士よりも市民の死亡率が高いという。無差別に破壊活動を行った民族皆殺し作戦といったジェノサイドが始まったのもベトナム戦争からか。無人の攻撃ミサイルやゲーム感覚の戦争もこの頃からか。

日本は安全地帯から自分が、被害者であり加害者である存在に解決をみいだせないでいた。

image.jpeg

昨日100均ショップで、ベトナム製の手で編まれた商品を手に取りました。
手先の器用な人の指先で編まれた小さなカゴ。
日本迄の輸送コストに業者の利益などを差し引いて、作者の多分女性、それも比較的高齢な女性ではと想像しますが。彼女はどんな生活をベトナムでおくっているのでしょうか。以外と若い女性がスマホの2台目を買うために、作業しているのかも知れません。
百均では、手作りアイテムがどんどん減っています。大量生産可能な樹脂製、アルミ製、プラスチック製の世界になっています。

手作りアイテムは貴重なものになっていくのでしょう。
この籠の編み目と作者の無心なかたち、美し過ぎると思うのです。
image.jpeg


大地割れ原始の夏生まれし朝


image.jpeg






椿市に戦の話夏つばき 無音









8月16日 [道具]

image.jpeg
我が家のスクリーン画面のある、道具を数えてみた。玄関のチャイムのモニター、エアコンのリモコン、風呂場のモニター、ガスコンロのモニター、冷蔵庫のモニター、テレビのモニター画面、録画機器のモニター、スマホのモニター、携帯電話のモニター、PCのモニター、4台のタブレットのモニター、内一台は不使用中。Kindleのタブレット、デジタルカメラ5台のモニター画面、車の液晶画面、室内温度計のモニター、デジタル歩行計のモニター、等々凄い数のスクリーンに囲まれている。

視覚優先と指先優先の未来社会の入口だ。声で認証でき合う世界も始まっていて、初期のワープロが誤変換を繰り返していたように、AIとのコミニュケーションギャップも今は楽しい時代だ。

兎に角、紙の時代が終わり、スクリーンの時代が浸透していることを実感した朝でした。


手元のタブレットのスクリーンから、世界の知識や知恵の元の紙の本が、無料で読める時代。戦争をやめるには、戦争をしないには何をすべきか、さがし出したいと思います。

小倉英二著 1968 若者たちの叛乱とその背景
という紙の本を読み始めました。
あの時代とは、何だったのでしようか。あの時代私は20歳のサラリーマンでした。冷めた目で社会を見ていた記憶があります。学生達の世界と、別の世界にいた自分。

そんな自分が半世紀後にスマホの画面で、ブログの文を打つ。口頭筆記のソフト入力も慣れれば、素敵な気がします。

あの時代、手描きの壁新聞が大学の校内に貼られた光景を横眼で見ながら通勤していました。会社近くのガソリンスタンド迄バリケードが築かれ、路上の石が剥がされる光景を思い出しました。

前の10件 | -
メッセージを送る