So-net無料ブログ作成

十二月二十八日 [アート]

十二月も残すところあと僅か。昨日は久し振りにゴム版を引っ張り出して彫り始めた。彫刻刀は百均で四本百円のものを買った。10年ぶりくらいの版画制作。最近はパソコンとプリンターでお手軽十分の制作時間で毎年大晦日にプリントして、元旦に届いた葉書の返書のみ。20年前には、毎年木版の多色刷りに挑戦を十二年続けた。ボロボロの馬連と一緒に十二年前の、申年用に彫った版木が出て来た。試し刷りで擦ってみた。以下は十二年前の、さる彫刻家の大家の、老猿を彫ったもの。
image.jpeg

来年用の新しい版画は、来年ご披露します。久し振りに版木に向かい楽しい一日でした。





携帯に「乙」一文字の去年今年







携帯の「乙」一文字は、今年一年お疲れ様の、乙と聞いたのは五年前の暮れのことでした。今は最新の一文字か、アイコンが使われているのでしょうね


nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 23

コメント 4

マリー

「馬連」 バレンと読むんですね。
携帯の「乙」一文字は、今年一年お疲れ様の乙
知りませんでした
  
by マリー (2015-12-28 18:53) 

SILENT

マリー様
この町に、馬連職人さんの方が住んでいます。本職の版画摺師の使う馬連は、一つで10万円。親子三代にわたり使えるものだそうです。
京都方面の版画の摺師は馬連を優しく押さえこむように刷り、関東は力一杯叩くように刷るんだそうです。奥が深い世界ですね。
by SILENT (2015-12-28 19:26) 

そらへい

パソコンプリンターの年賀状が当たり前になってしまって、
ゴム版や木版の年賀状は新鮮ですね。
私もずうっと昔、酉歳の時にゴム版に挑戦しましたが
それっきりです。
その頃は木版多色刷りで年賀状を送ってくる友もいました。
送る人への思いを込めて、彫刻刀を使う・・・
いつかもう少し時間の余裕が持てる様に成れば挑戦したいですね。
今は、せいぜい宛名を自筆で書くので精一杯です。
by そらへい (2015-12-28 20:02) 

SILENT

そらへい様
何事も便利になると近道を選んでしまいますね。最近は懐かしい昔の手法で、デジタル世界とのバランスを取るのが楽しい時間です。
過程を楽しみゆっくりと目標へ。貴重な時間です。
by SILENT (2015-12-28 20:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る