So-net無料ブログ作成

03月26日 [写真]

訳あって金沢に来ています。東町の茶屋街の夜を散策しました。千本格子が美しい光の筋を奏でています。
IMG_3186.JPGIMG_3188.JPGIMG_3195.JPGIMG_3191.JPGIMG_3199.JPGIMG_3212.JPGIMG_3210.JPGIMG_3209.JPG

03月25日 [写真]

先日の横浜は緋寒桜が満開でした。
_IMP9958.jpg_IMP9959.jpg_IMP9962.jpg

東京では桜の開花宣言。寒いが続きますが春本番の開幕のようです。森友劇場も、真の黒幕たちは炙り出されず閉幕の気配、嫌な世の中ですね。希望が見えない。

_IMP9931.jpg_IMP9936.jpg_IMP9947.jpg_IMP9952.jpg

伊勢佐木町も歩きました

_IMP9888.jpg_IMP9891.jpg_IMP9897.jpg_IMP9911.jpg_IMP9904.jpg_IMP9913.jpg_IMP9915.jpg_IMP9917.jpg_IMP9920.jpg_IMP9921.jpg_IMP9923.jpg_IMP9924.jpg_IMP9926.jpg

03月23日 [写真]

先日の横浜橋商店街の続きのスナップ写真。
遠くを見つめるよりも、近くに商店街では目に入ってしまう。
喫茶ムーの看板、何かテレビの中で見たような記憶。
ムー大陸の珈琲豆、今も仕入れていますと言われそうな気も。
_IMP9986.jpg

胃袋と相談
_IMP9993.jpg

路地も好き
_IMP9991.jpg

アーケードの屋根は高いが物価は
_IMP9990.jpg

アーケードの天井からのスポットライト
_IMP9988.jpg

_IMP9987.jpg

背中
_IMP9985.jpg

ボタン
_IMP9977.jpg

配色
_IMP9976.jpg


_IMP9980.jpg

03月17日 [世界]

DSC02973.jpg

最近朝目が覚めると、あなたの一年前の今日の記録ですと何枚かの画像がスマホの画面に現れる。
昨日は一昨年の昨日の画像がスライドショーで現れて驚いた。ネット社会はこれから三十年後に起こるであろうシンギュラリティの世界へ確実に進んでいる。Amazonでは昨年、声で様々な対応ができるスピーーカーが爆発的に売れたという。音声認識でIOTの世界は誰もが使えるインターフェースになるだろう。

夢の世界は、今の現実の世界が嘘のようにもなるのだろうか。ほんまもんの人たちを招いて、小学生に時代錯誤の教育を本当に実現させたいと言った人物が話題だ。教育者でなく偽善者の塊のような人物だ。その人物と心と心が繋がっていると云う人物がいると云う。

話変わって未来の地球では、すべての人々の誕生から死を迎えるまでの一生が総て記録される世界がくるという。飛躍的に盗聴カメラや、IOTが進み、生活の総てが記録され再生も簡単にできる世界。
こんな記録装置は、政治家たちの付帯義務として使われたらどうだろう。数年前を確実に覚えている気がしたなどということよりも、機械が自動的に総てを思い出してくれる世界。
そんな時代には、機械のが政治家の仕事をしているかもしれないと、ふと思った。

DSC03017.jpg
人間一人が記憶出来る総量の単位は1ペタバイトという話を読んだ。1ペタとは100万ギガバイトだそうだ。目の前にある外付けのハードディスクが1テラバイト。このディスクが1000台で自分の頭の中のすべての記憶と同量。小さな物置に人一人分の記憶が収まる。未来はもっと小型化するだろう。
広辞苑の辞書30,000冊分の容量でもあるのだそうです。

DSC03021.jpg

DSC03026.jpg

未来はなぜか懐かしい、過去はなぜか新しい。
そんな好きな言葉を雲を見ながら考えています

DSC03094.jpg

地球上のすべてがコピーされ、新たな技術や世界が誕生する世界。
それはいきなり来るのではなく、今すでに始まっている世界。

DSC03106.jpg

花は咲き、芽は息吹、あたらな命が訪れる世界

DSC03134.jpg

DSC03147.jpg


数日前に横浜は港に近い横浜橋商店街に行ってきました。百年は続くという歴史ある商店街。その一丁目には桂歌丸師匠も住んでおられるのだとか、関西のイメージも何か濃くある現職のイメージの商店街でした。銭湯や演芸場まで近くにあり子供たちが元気よく駆け抜ける素敵な商店街でした。
その一部を今日から掲載いたします。

_IMP0001.jpg
学校帰りの小学生が、買い物の杖をついた老人の間を走り抜け、巧みに走る。アラーキーの「さっちん」写真集の世界を思い出した。

_IMP0005.jpg

どんな胃袋に収まるのかより 花束を一つ

_IMP0012.jpg

彼岸も近い
_IMP0018.jpg

赤の似合う街
_IMP0021.jpg

研ぎ屋とは懐かしい
政治家やジャーナリストも研ぎに出したい

_IMP0023.jpg

_IMP0026.jpg

_IMP0029.jpg

下町の風情
_IMP0031.jpg

懐かしさと古さと
_IMP0033.jpg

銭湯の煙突
_IMP0041.jpg

湯屋か銭湯か大衆浴場か
_IMP0043.jpg

_IMP0045.jpg
夏には風鈴と扇風機が似合いそうな建物

_IMP0050.jpg

付近には、何々荘 なんとか荘といった看板の建物の住人が銭湯のお客さんか。
今住む、わが町には銭湯はなくなった。

壊れた車椅子に自転車に屋台
_IMP0063.jpg

履き古されたデニムのような存在

_IMP0065.jpg


_IMP0067.jpg
ナワバリ

_IMP0068.jpg

_IMP0070.jpg

走り去る 未来

03月10日 [俳句]

俳句と写真のコラボの実験
ウグイスからイスを引くと   ウグ!
ひと声を、一鳴きに変えた後の静寂

IMG_2830.JPGIMG_2832.JPGIMG_2835.JPGIMG_2836.JPGIMG_2833.JPGIMG_2837.JPGIMG_2838.JPGIMG_2839.JPGIMG_2840.JPGIMG_2841.JPGIMG_2842.JPGIMG_2843.JPGIMG_2844.JPGIMG_2845.JPGIMG_2846.JPG

03月05日 [言葉]

ふたたび『さざれ石』考
九年ほど前にこのブログで、さざれ石考を書いた。

洗い出し.jpg

1676年 延宝四年十一月十四日 江戸の大磯の宿場に残る覚え書きに 以下のものを見つけた。
覚 一砂利 二千叺(かます) 但二斗入 右は紀州様御用の由に候間、其元小嶋才三郎ひろはせ可レ被レ申候。此外一俵なりとも、とらせ申間敷候以上。坪井甚之丞
大磯下町 七左衛門
とある。紀州の殿様と此の町の縁はかなり深かったとよく聞く。砂利とは五色砂利とあり、大磯の浦は海にて名物の小石あり、五色にて美しければ、人愛して盆栽に入れて喜ぶとある。相模風土記には、砂利、大磯宿海浜の産、その種類五色、或は中栗、白斑、黒小砂利などあり、時に命ありて公に納む。この砂利採取権は、大磯宿本陣の、一つである小嶋才三郎にあった。
この砂利は売り出されたという。中栗砂利 一叺 永十八文六分。五色砂利 一升 永十文八分。白斑微塵 一升 銀六十匁。
小嶋本陣ではこれを色砂利と称して、休泊者に献上した。大抵は金百疋下される。
しかし中には楊枝差しや南鑢(やすり)一片ぐらいですますのもいるし、いらないというものもあったという。
とにかくこの色砂利は小嶋本陣の収入源の一つであったという。以上『むかしの宿 むかしの旅 大磯・小嶋本陣を中心に』 小丸俊雄著より

以上なのだが、その後新たな発見があった。此の町の国道一号線旧東海道のバス停に「さざれ石」というバス停がある。江戸時代小嶋本陣が採取権を持った、相模灘の大磯の海辺、こよろぎの浜一帯で採れる全国でも有名だった「大磯石」がバス停の名に残るのだ。

IMG_7438.jpg
こよろぎの浜から見える富士と黒松の林。

d8601-59ee5.jpg
昔の絵はがき書の中の、こよろぎの浜

FullSizeRender-2.jpg
荒波に砕けて、江戸城の敷石にも献上されたというさざれ石が生まれる。

FullSizeRender-1.jpg
波が引いた後の、小石の美しさは、左官の職人による「洗い出し」という名で全国の左官仕上げの一つとして広がっていったという。

洗い出し.jpg

百年以上前の此の町が、海水浴と別荘地として賑わった時代に撮られた一枚の写真。
此の撮影場所がわかった。
明治後期か.jpg

上記の写真の右手に「さざれ石」と看板のある店が写る。
拡大すると以下
さざれ石看板.jpg

これは寿堂という三日月藩元藩士が始めた菓子屋が、海岸のさざれ石を模して作った飴の菓子だという。お茶うけにもぴったりと徳川家の御典医だった松本順軍医総監が名付けた菓子の名で、今でもこの味を知る人は町には多くいる。
菓子さざれ石.jpg

寿堂は南本町海水浴道路に降りる道の右の角にあったという。
そしてその斜め前あたりが百足屋旅館。この百足屋旅館の離れで新島襄が明治二十三年2月に亡くなり
遺骸は京都へ列車で運ばれた。

ちょうどこの辺り宿場町の真ん中に近く直角に祝の中の道は曲がっていた。自動車が不普及しだすとこの曲がり角でよく車が横転したという。そのため新しく東海道は緩やかなカーブに新しい道を拡げ、百足屋の敷地は削られ道が横断した。
以下現在の航空写真から見た撮影場所の推測である。大正時代に寿堂の東側に海水浴道路ができ、直角の道には新しいカーブの東海道ができた。明治の写真はいずれの道路もできる前の撮影であり、写っている人物なども特定できれば面白いと思う。

撮影地点.jpg

百足屋旅館の玄関は、渋沢栄一の長男により明治の頃撮影されたものが、その子渋沢敬三氏により写真集となっている。その中のページに今はなき玄関の写る写真があり、東海道の一行の左側に荷車のある場所が、百足屋旅館の東側の一部と推察されるように写っている。
百足屋玄関.jpg

さざれ石は、細雪と同じように、さざれとは、小さなを意味するのだろうが、もう一つの「君が代」のさざれ石がある。岐阜県土岐地方を旅した時、さざれ石の小さなものを頂いた。小石が集まり塊が大きくなると巌となるのだろうが、全国の神社などで大きなさざれ石を見かける。このさざれ石の塊既成の時に生じるのだろうが中が空洞である。

塊さざれ石.jpg

上から見た空洞。
さざれ石塊.jpg
中は白いチョークのような粉末の砂の状態で、古くはこの粉末を血止めに利用したという。

そして正月初めに江戸城の大奥で行われていたという「おさざれ石」という石を用いた行事のこと。
千代に八千代にと幕府の永からんことを願って幾つかの石を手で回したような気がしてきた。

本題のそれますが、国家君が代は世界中の国の国家が、行進曲のような勇ましいものが多いのに、何か鎮魂の歌のように厳かで静かなのは不思議な気がしますね。

波の打ち寄せ、引いていく自然のリズムを国歌に感じてしまいます。今日はこの辺にて


メッセージを送る