So-net無料ブログ作成
検索選択

12月29日 [山]

今日は和室の障子紙を張り替えようと、平刷毛で微温湯に浸し、障子の桟を濡らしながら、そっと剥がして行きました。気持ち良いほどに十年前に貼られた桟の糊が溶けていきます。小一時間程して糊から紙が浮いて一気に剥がすことができました。

十年前に小田原の城下町の数百年続く建具屋の職人さん達の姿を思い出しました。5-6人で来てテキパキと、仕事をした姿です。全員が緊張感を持って殺気まで感じるような仕事ぶりでした。無言で紙を切り、糊を溶いて襖を貼る人。障子の桟は和室で8枚、鉋で建具の調整をし、建具を何度も嵌めたり外したり。

家の場所場所で建具の微調整をして、その場所だけの寸法に微調整するのだそうです。何か伝統の重みと手業に感動しました。

近所の材木店の社長の話では、下手な大黒柱の古材より、指物や建具屋さんの使う材料のが余程値がはるそうです。

緻密な狂いのない障子の桟を見ながら、職人さん達の機敏な動きを思い出しました。無言のまま仕事を終えて、帰っていった半纏姿の後ろ姿をよく見なかったことに何か今後悔の念がやつてきます。


障子紙を張り替えて、何か気持ちが落ち着きました。夕焼けの富士を見に犬と散歩に出かけました。
伊豆の山に夕日が沈みます。
大島も目の前に浮かんでいます。

IMG_0880.JPGIMG_0876.JPGIMG_0886.JPGIMG_0879.JPGIMG_0890.JPG

12月01日 [山]

裏山に散歩。紅葉が海沿いのこの町にもやってきた。銀杏の樹が輝く。光がキラキラと発光するような山並み。
身体が自然と同化する。秋の日差しは暖か。平和な光。


IMG_9746.JPGIMG_9723.JPGIMG_9727.JPGIMG_9734.JPGIMG_9751.JPGIMG_9749.JPGIMG_9759.JPGIMG_9758.JPGIMG_9769.JPGIMG_9763.JPGIMG_9760.JPG

11月19日 [山]

雨の日の山の光景も好きだ。水蒸気か雨粒かフィルターのように景色に奥行きが出てくる。
距離感が普段は見えないのに、よくわかる。
刻々と姿を変える山の端。自分の肉体も変わっていく。昨日死んだ細胞、昨日生まれた細胞。

山の紅葉は、赤が引き付けるのだろう。春の桜同様、今まで緑一色に思えていた中に赤がぽっと生える
様々な暖色系の乱舞、茶色になるまでそれは続く。

DSCN1934.jpgDSCN1922.jpgDSCN1906.jpgDSCN1899.jpg

枯れ葉を集めたらどれだけのものになるのだろう。
大地から出て大地に戻る葉っぱの歌。

DSCN1971.jpgDSCN1953.jpgDSCN1951.jpgDSCN1938.jpg

山法師の葉の紅葉は美しい。ひたすら美しい。

DSCN1992.jpg

補色関係

DSCN2007.jpg

こころづきと読むのか、しんげつか

R0160085.jpg

秋を楽しむ

DSCN2016.jpg

秋を撮る

DSCN2030.jpg

秋に浸る

DSCN2032.jpg

秋の深さ

DSCN2057.jpg

秋に飽きる

DSCN2065.jpg

秋を想う

DSCN2076.jpg

秋が去れば

DSCN2088.jpg

ありがたき秋の日






11月18日 [山]

海に近い町に住んでいるのに何故か山が好きです。
山に住んだら街場や、海が恋しくなるのでしょうが、どちらかというと山が好き。
山の中は見通しがきかないのに、山を越えれば何かがある、そんな展開が好きなわけかもしれません。
山は一直線の道路が少ないし、曲がり角のある道の連続です。
R0160030.jpg

箱根宮ノ下の骨董店の店主が、中国の至宝は全て台湾へ運ばれ紫禁城は空っぽとの話がありました。
大きな建物や、家具は台湾へは運べず、今でも上海の港で運べなかったものが掘り出し物で出てくるそうです。小さなものは海を渡って運ぶことができ、国宝級の物は大きなものではない。ふと思いました。日本からも明治以降海外へ海を渡って行った国宝級の美術品があります。それは大きな屏風だったり小さな美術品まで様々です。でもこの日本の自然の秋は運ぶことができない。そんな当たり前のことが嬉しくなりました。

運べない秋の光景は、そこに行かないと味わえない。当たり前のことに気づいたのです。

宮之下.jpg

中国の陶器は世界一の水準だと骨董店種は言います。日本はジャパンという名の漆器、戦前までは日本産の漆を使い本物だと言います。ふと本物とは何か心で思いました。
それは、実用品なのか、美術品なのか。
数億円する価値の陶器も使われずに美術館の中で収まることに命が通っているのでしょうか。
値打ちのある茶器も、美術館の中にあるだけでなく、時たまに、お茶を点てることで輝きを維持すると聞きました。中国の陶器は、皇帝のために作られ、完成の極みを目指しました。揺るぎない完璧さ、精緻を極めた人間離れした世界への憧憬。世の中に完璧なものなどあるのでしょうか。永遠の完成品。
未完成こそ今なのに、完成を求める人の性。

R0160845.jpg

お隣の山法師の木の紅葉が見事です。美術館へ行かなくても生の紅葉が目の前にある幸せ。
朝の光の中で、揺れる葉の姿は一瞬として同じ光景ではありません。ひとひら枝を離れる葉、すでに大地に落ちて重なる葉、緑を残し動かぬ葉、刻々と命の色が変わる姿。

遠い世界の戦場を思うことも大事だが、今一瞬のこの一期一会の山法師の木の平和に感謝です。

R0160063.jpg

近くの幼稚園で、子供達が拾い集めた落ち葉を貼り付けた画用紙の作品が目につきました。
色とりどりの桜の葉の紅葉が無造作に貼り付けられています。いや子供隊は真剣に貼り付けたのでしょう。ふとその葉の色が毎日変わっていくのに気付きました。鮮やかな拾った時の姿から、葉を丸め茶色にくすみ、ある葉は画用紙を離れ下に落ちています。
そうです当たり前のように色も形も変わっているのです。

そうか美術品の中のあの陶器の名品の壺も、名画の群れも、総て変わりゆく状態にあるのだと感じました。普遍なるものはない。なぜか子供達の落ち葉の作品に、優しさを感じたのです。
ある絵描きは数百年を保つ技法で自作を作ったっという話も聞きました。
その作品も数千年もすればどう変化するのでしょう。不変なものはない。なぜか嬉しくなりました。

R0160061.jpg

青い葉が、紅葉するのか、常緑のままなのか、様々な姿。皆同じではない世界。

R0160066.jpg

永遠を求めるのは、人の心か、伝えるものは滅びないのか。
須弥山か、桃源郷か、山の麓に広がる世界が浮かぶ。
霧の晴れた時どんな光景が広がっているのか。
そんな大きな山の頂を連想させる大きな絵です。

R0160079.jpg

紙色という話を聞きました。キャンバスの白を生かし絵の具をのせない世界。日本画では紙の地の白を生かしたものが多いです。間のある世界を尊んだのでしょうか。
モネの睡蓮の作品を見ていた時何故かキャンバスの四隅が塗られていないのに嬉しくなりました。

R0160071.jpg

朝のキャンバスの上の影、こんな一期一会の光景が、大好きです。




   小さな秋世界平和の願い色 ムオン

11月16日 [山]

箱根底倉温泉まで行ってきました。箱根七湯のひとつで、太閤の湯という秀吉の小田原攻めの頃の由来の湯も近くにありました。冷え込みが始まった箱根の山は曇りでしたが紅葉には最高の日でした。
いつもなら車で30分の道が、平日でも行楽渋滞で2時間弱かかってしまいました。
底倉温泉.jpg

隠れ家的な一軒家の温泉、函嶺。

DSCN1689.jpg


DSCN1686.jpg


DSCN1675.jpg


蛇骨川の流れ

DSCN1692.jpg

DSCN1697.jpg

太閤の湯への石畳のみち

DSCN1698.jpg

近くも遠くも紅葉

DSCN1707.jpgDSCN1768.jpg


DSCN1770.jpg

ひたすら秋深き色に染まる日

DSCN1859.jpg

DSCN1850.jpg

DSCN1827.jpg

DSCN1826.jpg

DSCN1821.jpg

DSCN1816.jpg

10月01日 [山]

箱根神社にて、足元を見つめて、木立の上の神に祈るのを忘れてしまった。
DSCN1204.jpgDSCN1203.jpgDSCN1202.jpgDSCN1198.jpgDSCN1180.jpgDSCN1168.jpg
DSCN1101.jpg

神山の頂 箱根の最高峰の山

箱根11.jpg

日本の最高峰の山

DSCN1346.jpg

芦ノ湖湖畔

DSCN1093.jpg

観光

DSCN1105.jpg

箱根神社付近の湖畔

DSCN1307.jpg

湖面

DSCN1308.jpg

スポット

DSCN1238.jpg

9月30日 [山]

箱根の山の心象風景

箱根18.jpg箱根17.jpg箱根16.jpg箱根15.jpg箱根14.jpg箱根13.jpg箱根12.jpg

9月29日 [山]

箱根で撮った画像が続きます。久しぶりの快晴の山の画像、大気の壮大なスケールが感じられました。
水の惑星の素敵な素顔。小さな水滴から急流に、湖畔の輝きまで堪能できました。
箱根01.jpg
大量の激しき水と静まる水。
箱根02.jpg
皇女和宮の愛たる宿の屋根
箱根03.jpg
カーテンにも古典の響き
箱根04.jpg
ススキ野原のてっぺん
箱根05.jpg
シグナルは宇宙船のように青
箱根06.jpg

山の彼方

箱根08.jpg

露たちの踊り

箱根08.jpg箱根09.jpg

雲の踊り

箱根10.jpg

9月28日 [山]

箱根仙石原のススキを見にやってきました。湘南バイパスでは気温29度の残暑が、山の上では24度の涼しい環境です。湯本、宮ノ下の混雑した世界から、一瞬無人の高原道路に秋の風が広がっていました。
秋には赤とんぼが似合います。傾きかけた夕陽の元で、露天風呂に入ってビールで乾杯です。

image.jpeg

狐跳ぶ すすきがはらに陽が落ちて

image.jpeg

巡礼の笠見下ろして秋の空

image.jpeg

レンブラント光線と温泉に乾杯

image.jpeg


9月12日 [山]

休日箱根へ出かけました。西湘バイパスを使って車で一時間以内に箱根の目的地に着きました。
相模灘は波ひとつない静かな湖畔のようで、空には鰯雲が太陽を追いかけています。箱根03.jpg


   釣り人の独り占めせし秋灯台 無音


箱根04.jpg
  いわし雲箱根の山へ一目散  無音

箱根02.jpg

  タクシーに秋を描きし箱根山 無音

箱根05.jpg

  水引の光ひとすじ風を斬る 無音

箱根06.jpg

 さささささらさささささささ 無音

箱根07.jpg

 秋の日のみどりみどりと囁けり 無音

箱根08.jpg

  軒忍山の家なき木々にあり 無音

箱根09.jpg

  山語る秋の訪れ直ぐそこへ 無音

箱根10.jpg

  秋雨を光らせ騒ぐ風の道 無音

箱根11.jpg

  数粒の季節落ちたる銀杏の実 無音

箱根12.jpg

  夏の名残のうす紫ゆれている 無音

箱根01.jpg

  大涌谷のケーブルの駅秋の暮 無音


メッセージを送る