So-net無料ブログ作成
検索選択

3月2日 [神]

2014年2月28日の週刊金曜日981号の、風速計というコラムに、本多勝一氏が『安倍首相と鎮霊社』という記事を書いておられる。安倍首相が九段北の靖国神社を参拝した時の模様に、靖国神社内の鎮霊社をお参りし、「靖国神社本殿のほか、鎮霊社で靖国神社に祀られていない、すべての戦場に倒れた、国外も含むすべての戦没者と、諸外国の人々の慰霊のために手を合わせご冥福を祈った」と強調したとの記事があるそうだ」

本多勝一氏は「鎮霊社」を知らなかったという。その記事の新聞社にその存在を確かめると、新聞社は2006年8月に2回にわたり「鎮霊社」の歴史と周辺を記事にしているという。
『靖国とは何か』という本質論の中で41年前に設けられたという「鎮霊社」の歴史が、この国の重要な「日本人とは何か」「日本国とは何か」を考えるヒントになりそうだ。と記事にあったようだ。
このテーマをコラム内には納まりきれないとして、次回で触れたいと本多氏は書く。

次回は靖国の「鎮霊社」に関して一切出ていなくて、2016年の今も本多氏は書かれていない。
「鎮霊社の存在が何故か重要なこの国の在り方」のような気がしてきて丸2年の歳月。
ネットで調べる限り、戦後の歴史と重要な関わりを、鎮霊社は持っている。
何か記事が書かれない理由が気になってしょうがない。

鎮霊社の歴史に関わるページは以下が参考になりました。
http://blog.goo.ne.jp/keroppy_2011/e/dbd1b7428c46ec695060cf2c7f16eabb
http://www.asyura2.com/0601/senkyo25/msg/292.html

DSCN9620.jpg

神田の職場が長かった私は、靖国神社へは参拝の歴史がありません。身内に戦争で亡くなった者がいないことからかもしれません。戦争に関わることは戦後生まれの私は避けてきました。
今戦前のような気配が濃厚で、戦後がまもなく終わるかもしれないという状況に思える自分は、此の国が来て行こうとしている道を猛烈に知りたい欲望があります。
息子が数年前に靖国を参拝してきたと聞いた時、妙に変な気分になりました。

東北大震災の際、原発事故の影響を、海外にいた息子から「日本は経済を取るか、人間を取るかの選択しかないね」とメールがあり、この国は経済を選択し今に至っています。
経済という魔物は阿片より強烈なのでしょうか。

鎮霊社には様々な思惑や、生み出された歴史が興味をそそります。
この国の大きなキーでもあるように感じます。
DSCN0280.jpg


ずいぶん昔富士山頂に立ちました。成人した息子も一合目から山頂まで歩いて登り「父は五合目から登ったんでしょう」と揶揄されました。
息子の言う通り最初から歩いて見る時代に来たようです。戦後生まれということで戦前を何も知らないことに恥を感じる世代になったのかもしれません。
DSCN9723.jpg


1月12日 [神]

松尾芭蕉が奥の細道へと旅立った紀行文、奥の細道の中に、『道祖神の招きにあいて』とある道祖神とは何者なのか。いかなる神様なのか。
白川静さんの『道』という文字の解釈に、人が人の首を下げて、未知の世界へと旅立つことが『道』という字の起こりだと書いておられた。凄まじい道案内のモノだ。人の頭には恐ろしいものへと対峙するだけの真価を、古代の人も認めていたのだろう。村の集落から一歩外に出ると様々な災いや危険が潜んでいた時代、村への侵入者は疫病や、魔物、一番恐ろしい人間という敵が境界を越えてやってきた。その災いを村はずれで守るのが道祖神さんだった。
今や世界は、インターネットの道で繋がれている。海上の道や、空の道、陸の道が、空間を飛ぶ電波の道でつながる世界。国境や県境や州境が歴然と存在する世界。災いは否応無しに世界を駆け巡る。祈ることや明日を真剣に考える日が、昨日のドント焼き、左義長の火で照らされて見えた気がする。
昨夜の火は全てを焼き尽くし、灰となった静かな広がりが細雪混じりの今朝の海岸にあった。
DSCN7911.jpgDSCN7886.jpgDSCN7862.jpgDSCN7822.jpg
遠く海岸の砂浜の彼方に、自分の影が長く長く見えた。
DSCN7925.jpg
左義長の余韻は浜から、自分の集落へ帰り自分たちの住む家々を廻る、ソリの一行の挨拶で終わる。
数年前の左義長は激しい雪と、雷鳴があった。そんな最中でも火は点火され祭りは行われた。
潔い左義長の12月8日に始まった長い神事は幕を閉じ、今朝から日常の暮らしが始まる。
DSCN7944.jpg




    





     左義長のガンジス河に靡く朝   ムオン









 一月十一日 [神]

2015年大磯左義長が行われた。詳細は次回へ続く。

精霊 [神]

中沢新一著「精霊の王」を読んでいます。精霊の王とは誰か?後戸の神(うしろどのかみ)、宿神、翁、古代縄文の神々。森の精霊。
IMGP3313.jpg
アニメ映画「もののけ姫」のテーマの神や、森の精霊、鹿や猪や犬たちの世界を感じます。何よりも呪歌に興味があり読み始めました。仏教伝来以前の神々の話。胞衣と扇と児童神の話が面白い。この町の左義長の祭事は、12月8日の八日節句を皮切りにスタートします。来年の1月14日の火祭りまで静かに進行するそうです。12月8日には「目一つ小僧」がやってくるということから祭りは始まります。柳田國男の「目一つ小僧考」も面白い考察ですが、何故子供は祭りの主役なのでしょう。
『精霊の王』では胎児が重要な古代の主役になって語られます。
なぜか勾玉の形は、胎児だったのではないかと想像します。
さまざまな勾玉の由来が言われているのですが。
DSC_6225.jpgDSC_6251.jpgDSC_6203.jpg
今朝の雲は、古代を連想させる不思議な雲でした。携帯には虹が発生の見込みと、虹予報まで画面に現れました。2014年も残るところあと少しです。大磯町郷土資料館のある城山公園は旧三井本家の別荘があった場所です。此の地に、国宝如庵という茶室が、京都から東京を経て昭和の時代に運ばれてきました。その茶室も今は犬山に移築されました。
遅咲きの冬の白百合が、如庵のあった窪地に一輪咲いていました。
輝く夕陽を浴び、紅葉の葉陰に凛と散っていくのでしょう。
草木成仏、有情非情、三観三諦即一心。
IMG_6101.jpg
光の合唱
IMG_6148.jpg

クリスマスも近いですね
IMGP3119.jpg
付近の教会の窓より
IMGP2425.jpg
箱根塔ノ沢に行きました。塔ノ沢発電所の紅葉が素敵でした。
岡鹿之助さんの点描画を思い出しました。
夜には森の精霊たちの乗った登山電車の灯りが、霧の山中に消えていくのが見えました。
IMGP2319.jpg
今年最後のブログになるかもしれません、来年もどうぞ皆様よろしくお願いいたします。早めながら良いお年をお迎えください.SILENT

1947 [神]

m_E88DB7E58FB0E381AEE9AD9AE381AFE9B0A4.jpg
昭和の頃この町は、鰤の大漁に湧いた町だった。
自転車の男は戦後間もないころGHQのカメラで捕らえられていた。
「道心坊」の魚が自転車の荷台にあるのだろうか。道心坊はネットでお調べください。
SDIM0011.jpg
3年程前の4月に、このブログで「どうしんぼう」という漁師町の言葉の事を書いた。http://silentsilent.blog.so-net.ne.jp/2009-04-24
網野善彦著「歴史を考えるヒント」を読んでいて面白い記述に出会った。
『ことばの文化史・中世1』平凡社1988の、勝又鎮夫さんが『落とす』と言う言葉の考察で優れた考察をされているという。『落とす』には大変面白い意味が含まれているという。
ある物を落とすという行為には、それによって相手の所有の権利を切り離すという意味が含まれていたという。「切る」とは世俗の縁を切る行為であり、切られたものは様々な因縁から自由となり、流通可能になるとあります。落としたものは、誰のものでもない無主物となり、神仏のものとなってしまうのだそうです。また古来、「落とし物」は無主物なので拾ったものの得となるとされてきました。「落ち穂拾い」も同様で、収穫の後に田畑に落ちている稲等の穂は、誰のものでもなく神のものなので貧しいものが拾う事は咎められないと考えられていたのです。海で獲れた漁の魚も網からこぼれたものは同様の扱いがあったのではないでしょうか。

更に重要な問題は「落とす」と言う行為は山や海、道や泊(港)といった特定の場所で行われる事が多かったという。例えば「山落」やまおとしという言葉があるそうです。これは山賊の事で、ある特定の場所ではある時、全てのものが落とされて、無主物になるという状態があったと言います。具体的には山の神の怒りをかうと、通常の山と異なる状態になり、山中に存在する全ての物体が「落とされて」山の神の帰属になるのだそうです。其の状態の時には山中にいる人のものを奪い取る事を山の神も認めるという感覚が、中世の社会にはあったそうです。「山落」を名目に人為的な略奪行為が、「山落」「追落」と呼ばれたと言います。
「落とす」という意味に、神のものとなる関係があったなんて面白い事ですね。
R0076407.jpg
大磯丘陵に昇りました。登山道となるハイキングコースは荒れているけれど写真では深山の趣が出ました。
R0076398.jpg
ある女流画家が聖域としてのこの付近の山に霧が這い上がる光景には神秘的なものがあると語っておられます。確かに霧の大磯丘陵趣が深いです。
R0076397.jpg
途中古墳時代の横穴墓群があります。
R0076372.jpg
尾根からは平塚の町が望めます。新幹線東京へ向かい、三角の屋根群は天に向かう。
R0076556.jpgR0076553.jpg
かって大賑わいをようした大磯の海水浴場光景
dc.jpg
道心坊とは、魚を神から恵んでもらう事なのかもしれない。「落とす」と言う中世の言葉の時代から、物には神の領域の時代があった事を知りました。盗みと思っていた「道心坊」には深い意味が潜んでいるのではないだろうか。現在の東海道は自転車族が多い。鴫立庵前にて。
E5A4A7E7A3AFE383B2E8B5B0E383AB-f139c.jpg
2012年秋の鴫立庵附近を箱根方面に走る。
R0076883.jpg
メッセージを送る