So-net無料ブログ作成
検索選択

04月09日 [花]

朝は小雨です。花の雨。
写真を撮りながら近所を散歩してきました。
駅前の洋館は築百年を超えた町の迎賓館。貿易商の別荘として大正時代の初期に建てられたそうです。

R0160687.jpg

桜餅のような香りのする桜でした。
R0160729.jpg

シェクスピアの翻訳で有名な劇作家の方が住まわれた住居辺りや、富山出身の安田善次郎翁が別荘を構えた王城山あたりを散策。

_IMP3852.jpg

竹垣はプラスティック製よりも本物の竹のがいいな。何故なら朽ち果てるから。

_IMP3843.jpg

春雨が似合う光景
_IMP3834.jpg

高麗石の石垣

_IMP3858.jpg

旧安田善次郎別荘

_IMP3859.jpg

持仏堂と唐破風門と庭の設計は、藤原京をイメージした安田靫彦画伯の構想で創られたとか。

_IMP3861.jpg


_IMP3864.jpg


_IMP3865.jpg


_IMP3880.jpg

_IMP3883.jpg

湘南平へ続く道には山の中腹に、シロヤマザクラかが咲き誇る。
一本の桜を愛でるのも素敵な時間だ。

_IMP3894.jpg

蒼き花すっくと枝を広げ未来に咲く 今年もまた

_IMP3896.jpg

DSCN4888.jpg

DSCN4897.jpg

わくら花という名の花はないのだろうが、遅咲きの白モクレン一輪

DSCN4941.jpg

花の季節、初夏の気配
DSCN4913.jpg

DSCN4977.jpg

DSCN4983.jpg






    花三昧ありがたきかな平成も残り僅か   無音







04月08日 [花]

R0160176.jpgR0160177.jpg

大磯駅前の桜の花を撮る。彼方の高台に西洋館がありそれを構図に入れて撮る。
駅前に松月という料亭があり、伊藤博文公の料理番だったという人が初めて百年は経過した店だという。
京都金沢の料亭では数百年の営業も珍しくはないのだろうが。かって駅前あたりは田畑が広がり松林があり、田に映る名月の名所だったという。

R0160172.jpg

松月に桜の枝の影のどか

花の名所は、月の名所であり、別荘が明治の頃から多くできた町となる。
駅前の喫茶店のメニューもレトロな光景だ。

R0160198.jpg

桜の後は、地上に散らばる星のような花に目がいった。
無数の星座のような星の花は、青く白く光る。

R0160215.jpg

路地裏に春の銀河か星の花   ムオン

R0160220.jpg

春の道のどけからましすたすたと 

R0160210.jpg


R0160191.jpg


R0160157.jpg

R0160199.jpg

鴫立庵への道尋ね春へ行く     ムオン

04月07日 [花]

東京目黒川の桜並木

    喧騒の地上の人々と 川の底は静寂の世界 散り始めた花弁が夜の星のような別世界

R0160619.jpg


R0160621.jpg


R0160622.jpg


R0160615.jpg


 さんざめきも春の空も

R0160618.jpg


R0160629.jpg


R0160632.jpg



R0160633.jpg



R0160647.jpg



R0160649.jpg



R0160655.jpg




R0160662.jpg



R0160523.jpgR0160555.jpgR0160566.jpgR0160612.jpgR0160595.jpg

04月06日 [花]

今日は隅田川の桜と、目黒川の桜を眺めてまいりました。
どちらも主役は花より、人の姿が華やかでした。
まづは浅草周辺花見スケッチ。原色の町。レトロの町。哀愁の町。

R0160324.jpgR0160318.jpgR0160314.jpgR0160312.jpgR0160289.jpgR0160266.jpgR0160253.jpgR0160250.jpgR0160248.jpgR0160245.jpg

赤が目立つ町、花見の時にはと百年前のアメリカはコダック社のベス単レンズのフード外しで撮影

R0160330.jpg

R0160331.jpg

R0160356.jpg

R0160360.jpg

R0160390.jpg

R0160418.jpg

R0160425.jpg

R0160429.jpg

R0160470.jpg

R0160487.jpg

続きの目黒川の桜は次回で




R0160490.jpg


R0160495.jpg


R0160446.jpg

04月05日 [時]

当地の湘南地方の桜は、ようやく開花を始めました。桜にも種類があり、此の地で一番のシロヤマサクラの花は散り始めています。窓から此の白山桜の開花が遠望できます。都内ではソメイヨシノも満開のようですが此方は堅い蕾の木が多く、ヒートアイランドの東京が開花宣言一番の理由なのでしょうか。

先日50年ぶりの金沢の街を探訪しました。50年前にはなかったであろう高速道路を走り長旅でした。
50年前に10代の後半を迎えた私は、高校の卒業旅行で友人と二人、福井の東尋坊、魚津の埋れ木を見て
金沢で一泊した鉄道の旅でした。家の中のどこかにまだ兼六園の虹の橋の上で撮ったモノクロ写真の自分の姿が存在するはずです。

IMG_3556.JPG

途中雪の激しく降り始めた高速道路を走りながら、アメリカの情報ハイウエイの話を思い出しました。
確かアメリカのゴア副大統領の時代だったでしょうか。
自分がコンピュータという存在に興味を持ったのは高校生の頃でしょうか。会社に入り電算部というセクションにコンピュータ室が設けられていました。空調が制御された大きな部屋にリール式のテープが回っていてスリッパに履き替えて立ち入ったのを鮮明に覚えています。

その後初めてシャープのザウルスというポケコンを買って持ち歩き、出張計算の記録やパソコン通信でニフティに加入したのは、神戸の震災があった頃でした。パソ通仲間が、インターネットにアクセスし始め
会社でもドメインを取るのに急いでと担当者が動き回っていたのも、つい昨日のことのようです。
初めて買ったデジタルカメラはリコーの40万画素という横型の好きなデザインのモデルでした。

パソコンも富士通のFMタウンズが最初の所有でした。マックの世界はまだ憧れの価格と内容も思うほど理解できない世界でした。携帯電話も神戸の震災の頃から使い始め、電磁波障害を気にしてイヤホンマイクをつけて会話をしていました。当時の朝日ジャーナルにアメリカの電話会社ベルなどの交換手の女性が電磁波障害で受けたであろう不明の症状が多く見られるという記事が、電磁波への関心を呼んだからです。

IMG_3551.JPG

FMタウンズでプログラム言語を打ち込みテレビに繋ぎ、簡単なお絵かきが画面上でできた時は感激でした。その後、マックのノートパソコンを中古で買い、パワーブックのMacの世界にも接することができました。デスクトップはカラフルなiMacから、3代目の2007iMacにたどり着きました。OSも最新バージョンにはアップグレードできませんが内蔵ハードディスクをSSDに入れ替え快適な環境にすることができました。サポートセンターに不具合を相談し、かれこれ一週間も時間を費やしましたが快適な環境になりました。

タブレットの歴史も、最初にiPod touchを買い、その後iPadを三代使用して現在は、アイフォンが主役になっています。二十年以上前には携帯電話にカメラが搭載され、パソコン機能までも搭載されるとは夢にも思っていませんでした。時代の流れに流されないよう適度に距離を置きながら今日は50年を簡単位振り返ってみました。

IMG_3554.JPG

湘南から金沢までの道、高速道路や村の道、路地裏の道を歩き見ながら、情報の道も総て最新の未来的な世界の道では無いことを実感しました。

_IMP9959.jpg

さまざまなこと思い出す桜かな 芭蕉

花(桜開花)の情報がこれほど日本中を巡る国は世界にもまれ、とテレビでありました。
桜以外にも春の花が足元に木の上に咲いています。数年前の3.11ののちに自分で詠んだ俳句が以下の一句です。



    物気色春爛漫に横たわる    無音



もののけの色が妙に凄まじく音の無い世界に横たわる、この年の春でした。

03月26日 [写真]

訳あって金沢に来ています。東町の茶屋街の夜を散策しました。千本格子が美しい光の筋を奏でています。
IMG_3186.JPGIMG_3188.JPGIMG_3195.JPGIMG_3191.JPGIMG_3199.JPGIMG_3212.JPGIMG_3210.JPGIMG_3209.JPG

03月25日 [写真]

先日の横浜は緋寒桜が満開でした。
_IMP9958.jpg_IMP9959.jpg_IMP9962.jpg

東京では桜の開花宣言。寒いが続きますが春本番の開幕のようです。森友劇場も、真の黒幕たちは炙り出されず閉幕の気配、嫌な世の中ですね。希望が見えない。

_IMP9931.jpg_IMP9936.jpg_IMP9947.jpg_IMP9952.jpg

伊勢佐木町も歩きました

_IMP9888.jpg_IMP9891.jpg_IMP9897.jpg_IMP9911.jpg_IMP9904.jpg_IMP9913.jpg_IMP9915.jpg_IMP9917.jpg_IMP9920.jpg_IMP9921.jpg_IMP9923.jpg_IMP9924.jpg_IMP9926.jpg

03月23日 [写真]

先日の横浜橋商店街の続きのスナップ写真
遠くを見つめるよりも、近くに商店街では目に入ってしまう。
喫茶ムーの看板、何かテレビの中で見たような記憶。
ムー大陸の珈琲豆、今も仕入れていますと言われそうな気も。
_IMP9986.jpg

胃袋と相談
_IMP9993.jpg

路地も好き
_IMP9991.jpg

アーケードの屋根は高いが物価は
_IMP9990.jpg

アーケードの天井からのスポットライト
_IMP9988.jpg

_IMP9987.jpg

背中
_IMP9985.jpg

ボタン
_IMP9977.jpg

配色
_IMP9976.jpg


_IMP9980.jpg

03月17日 [世界]

DSC02973.jpg

最近朝目が覚めると、あなたの一年前の今日の記録ですと何枚かの画像がスマホの画面に現れる。
昨日は一昨年の昨日の画像がスライドショーで現れて驚いた。ネット社会はこれから三十年後に起こるであろうシンギュラリティの世界へ確実に進んでいる。Amazonでは昨年、声で様々な対応ができるスピーーカーが爆発的に売れたという。音声認識でIOTの世界は誰もが使えるインターフェースになるだろう。

夢の世界は、今の現実の世界が嘘のようにもなるのだろうか。ほんまもんの人たちを招いて、小学生に時代錯誤の教育を本当に実現させたいと言った人物が話題だ。教育者でなく偽善者の塊のような人物だ。その人物と心と心が繋がっていると云う人物がいると云う。

話変わって未来の地球では、すべての人々の誕生から死を迎えるまでの一生が総て記録される世界がくるという。飛躍的に盗聴カメラや、IOTが進み、生活の総てが記録され再生も簡単にできる世界。
こんな記録装置は、政治家たちの付帯義務として使われたらどうだろう。数年前を確実に覚えている気がしたなどということよりも、機械が自動的に総てを思い出してくれる世界。
そんな時代には、機械のが政治家の仕事をしているかもしれないと、ふと思った。

DSC03017.jpg
人間一人が記憶出来る総量の単位は1ペタバイトという話を読んだ。1ペタとは100万ギガバイトだそうだ。目の前にある外付けのハードディスクが1テラバイト。このディスクが1000台で自分の頭の中のすべての記憶と同量。小さな物置に人一人分の記憶が収まる。未来はもっと小型化するだろう。
広辞苑の辞書30,000冊分の容量でもあるのだそうです。

DSC03021.jpg

DSC03026.jpg

未来はなぜか懐かしい、過去はなぜか新しい。
そんな好きな言葉を雲を見ながら考えています

DSC03094.jpg

地球上のすべてがコピーされ、新たな技術や世界が誕生する世界。
それはいきなり来るのではなく、今すでに始まっている世界。

DSC03106.jpg

花は咲き、芽は息吹、あたらな命が訪れる世界

DSC03134.jpg

DSC03147.jpg


数日前に横浜は港に近い横浜橋商店街に行ってきました。百年は続くという歴史ある商店街。その一丁目には桂歌丸師匠も住んでおられるのだとか、関西のイメージも何か濃くある現職のイメージの商店街でした。銭湯や演芸場まで近くにあり子供たちが元気よく駆け抜ける素敵な商店街でした。
その一部を今日から掲載いたします。

_IMP0001.jpg
学校帰りの小学生が、買い物の杖をついた老人の間を走り抜け、巧みに走る。アラーキーの「さっちん」写真集の世界を思い出した。

_IMP0005.jpg

どんな胃袋に収まるのかより 花束を一つ

_IMP0012.jpg

彼岸も近い
_IMP0018.jpg

赤の似合う街
_IMP0021.jpg

研ぎ屋とは懐かしい
政治家やジャーナリストも研ぎに出したい

_IMP0023.jpg

_IMP0026.jpg

_IMP0029.jpg

下町の風情
_IMP0031.jpg

懐かしさと古さと
_IMP0033.jpg

銭湯の煙突
_IMP0041.jpg

湯屋か銭湯か大衆浴場か
_IMP0043.jpg

_IMP0045.jpg
夏には風鈴と扇風機が似合いそうな建物

_IMP0050.jpg

付近には、何々荘 なんとか荘といった看板の建物の住人が銭湯のお客さんか。
今住む、わが町には銭湯はなくなった。

壊れた車椅子に自転車に屋台
_IMP0063.jpg

履き古されたデニムのような存在

_IMP0065.jpg


_IMP0067.jpg
ナワバリ

_IMP0068.jpg

_IMP0070.jpg

走り去る 未来

03月10日 [俳句]

俳句と写真のコラボの実験
ウグイスからイスを引くと   ウグ!
ひと声を、一鳴きに変えた後の静寂

IMG_2830.JPGIMG_2832.JPGIMG_2835.JPGIMG_2836.JPGIMG_2833.JPGIMG_2837.JPGIMG_2838.JPGIMG_2839.JPGIMG_2840.JPGIMG_2841.JPGIMG_2842.JPGIMG_2843.JPGIMG_2844.JPGIMG_2845.JPGIMG_2846.JPG
メッセージを送る