So-net無料ブログ作成

12月09日 [いのち]

鎌倉の街を歩きました。800年以上前の鎌倉幕府が開かれた地。多くの命が生まれ、そして様々な命が終焉を迎えた。京の都のことも思い浮かべました。戦さや大火で亡くなった人々。何か人間の業の深さと時の流れを思いました。数百年の歴史を刻んだ木の擬宝珠、台湾リスは老獪に栴檀の実を食べるのに夢中。今年見納めのモミジの紅葉。山門の仁王はお留守で、代わりに小さな仁王の面がかけられた光景。
秋の日、多くの歴史に生きた鎌倉の風土と対面できました。新たなカメラを持って八十年以上前に作られたドイツのレンズで撮影してきました。
DSC00436.jpgDSC00394.jpgDSC00382.jpg

鎌倉の市章、笹竜胆

DSC00442.jpg

鎌倉野菜かな

DSC00585.jpg

滑川で白鷺

DSC00574.jpg

山門にて

DSC00491.jpgDSC00492.jpg

人慣れした台湾リスは年老いているのか只管 栴檀の実を食べる

DSC00485.jpgDSC00480.jpgDSC00479.jpgDSC00489.jpg

妙本寺にて
DSC00533.jpgDSC00530.jpg

ぼたもち寺にて
DSC00559.jpg

DSC00572.jpgDSC00564.jpg
nice!(19)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 3

寂光

歩きながら、
様々なところに視点が止まり、
立ち止まり写真を撮る。
一緒に歩いている気分になりました。
私も最近、
手持ちのマニュアルフォーカスレンズを使って写真を撮っています。
まだ持ち出して撮影したのは2回ですが、
しばらく使ってみようと思っています。
すっかり視力が落ちて、
なかなかうまくピントが合ってくれませんが、
味のある柔らかな写りが魅力で、
新たな領域が広がってくれる事を期待しています。

by 寂光 (2016-12-10 06:55) 

そらへい

木の枝にリス、まるで鳥のようですね。
木の幹を上がりおりするリスは見たことがありますが。

by そらへい (2016-12-10 21:44) 

SILENT

寂光様
呼吸するように地面を見つめて撮ったり、空を時々見上げて雲を追い、鼻先の小枝の向こうの光景も撮りました。無心になるとカメラの存在も忘れますね。ピントをマニュアルであわせるのが辛い年齢になり、ボケもまた良しと思います。ブレもしかりです。

そらへい様
リスは若いのか、歳いって警戒心が薄れたのか、実をボリボリと音立てて食べていました。揺れる枝でも平気で食べていました。器用に電線も伝い身軽な台湾リスです。



by SILENT (2016-12-10 21:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0